科学館概要

施設概要

画像タイトル


開館…平成15年5月3日
規模構造…鉄筋コンクリート3階建(SKIPシティAl街区科学棟)
延床面積…約3532.98u(屋外展示、太陽の広場 約253.44u)

川口市立科学館は「SKIPシティ」A1街区の一角にあり、1階の科学展示室、2階の研究室、3階のプラネタリウム、屋上の天文台に分かれています。

科学展示室(1階)
 延床面積…約1,099.01u(天井高7m)
 展示装置…約40点

 概要
  メインテーマの「太陽」からイメージした5つのサブテーマ、「力」・「光」・「水」・「大気」・「生命」を扱った展示室で、観察発見の
  「?(はてな)ボックスゾーン」、各種実験検証の「実験ボックスゾーン」、創造発表の「ワークゾーン」のほか「サイエンスステージ」、
  「太陽の広場(屋外展示)」で構成される。

プラネタリウム (3階)
 ドーム… 直径20m水平型ドーム(アストロテック社製)
       座席数160(一方向配列、メモ台付)
 機種名… ジェミニスターV(コニカミノルタプラネタリウム社製)
       光学式:ジェミニスターUβ

       デジタル式:スーパーメディアグローブU

 概要
  2013年11月2日に、最新鋭の統合型プラネタリウム『ジェミニスター V』にリニューアルされた。

  新たに導入されたスーパーメディアグローブ Uと光学式プラネタリウムの組み合わせにより、自然に近い美しい星空とともに、

  宇宙シミュレーション機能による最新の宇宙の姿など多彩な映像を投映できる。

 


天文台 (総合棟屋上)
 主天文台…スリット上下開閉式7mドーム、カセグレン式口径65cm反射望遠鏡(特注)
 副天文台…スリット上下開閉式6mドーム、 口径20cmアポクロマート屈折望遠鏡(特注)
 太陽天文台…スリット上下開閉式6mドーム、 6連式太陽望遠鏡システム(特注)

 概要
  主天文台の口径65pの反射望遠鏡(東京近郊では最大)は、星雲や星団など暗い天体 を観測することができ、副天文台の20p
  屈折望遠鏡は、太陽や月・惑星を観測すること ができる。太陽天文台の6連式太陽望遠鏡は、様々な波長で太陽各層の様子や
  太陽磁場の観測を行うことを目的としている。


プラネタリウムドーム