天文台

太陽観測実習

 

●天文台特別企画

太陽観測実習

「太陽観測実習」 (全2日間)

 

天文台の望遠鏡を使用して黒点スケッチや分光を行い、

実際の観測を体験します。

 

【日程】

 第1回 2017年8月19日(土) 観測方法説明、黒点スケッチ

 第2回 2017年8月26日(土) 観測方法説明、分光観測

 ※全2回ともご参加ください。

【時間】 13:00〜 15:00

【場所】 川口市立科学館 天文台

【参加費】 無料

【対象】 大人(高校生以上)

【定員】 10人(先着順)

【申込方法】 電話または来館にて受け付け

 受付開始: 7月1日(土)

 受付締切: 8月17日(木)または定員に達し次第締切


 

 

 



【科学館の太陽観測】

太陽Hα全面像

 科学館で行っている観測は、一般公開のほか、ホームページでの画像配信、教育機関やメディア等への資料の提供、内外関係機関への観測データ提供など、資料収集・調査研究活動を継続して行っており、国内でも先進的な役割を担っています。
 特にマグネトグラフという観測機器を開発・導入して黒点磁場の観測を常時行っています。地球の環境に重大な影響を及ぼす太陽の諸現象は皆、太陽磁場の振る舞いに起因していると考えられ、その観測は活動現象の研究にも重要で、多くの太陽研究者からも関心を集めています。

 そこで、不定期になりますが、「太陽観測実習」と銘打ってこれまでに太陽の黒点観測の実習や、スペクトルについての講座などを行っています。開催のご案内はこちらのHPでご案内いたします。