天文台

部分日食 2019年1月6日(日) 観測画像

2019年1月6日に起きた部分日食は、川口では始まりから食の最大ころまで見ることができました。

下記は部分日食の時間経過ごとの観測画像です。各写真をクリックすると大きな画像が出ます。

日食が始まる前(8時40分ごろ)
部分日食開始直後(8時44分ごろ)
9時00分ごろ
9時34分ごろ
食の最大(10時6分ごろ)
10時30分ごろ
10時50分ごろ
11時18分ごろ
部分日食の終了後(11時41分ごろ)

 

部分日食の進行(合成画像)  8時25分 - 10時55分(10分に1枚の撮像) 撮影機材 EOS Kiss X4 レンズ 12mm f6.3 1/40秒露出

 

 

 

動画はこちら(白色光全面像/38MB)

動画はこちら(Hα全面像/47MB)

動画はこちら(CaUK全面像/21MB)

 

 

今後見られる日食


 

日本で次に日食が見られるのは2019年12月26日の部分日食です。(川口では高度が低く、条件は良くありません。)次の金環日食は、2030年6月1日に北海道中央部で見られます。皆既日食は2035年9月2日、中部地方の一部、関東地方の北部で見ることができます。

 

近年、中心食帯が日本の陸地を通る(通った)日食の表

年月日
中心食の
種類
見られる地域
1963年7月21日
皆既食
 北海道東部など
1987年9月23日
金環食
 沖縄本島など
2009年7月22日
皆既食
 トカラ列島、屋久島、種子島・奄美大島の一部など
2012年5月21日
金環食
 トカラ列島、屋久島、種子島、九州・四国・近畿・中部・東北の一部、関東の大部分など
2030年6月1日
金環食
 北海道の大部分など
2035年9月2日
皆既食
 中部・関東の一部など

国立天文台 提供

 

部分日食解説ページへ