天文台

観測用ピンホール筒の作り方

材料:アルミホイルの芯、アルミホイル(8×8cm)、トレーシングペーパー(8×8cm)、セロハンテープ、黒い厚紙(15×15cm)、針

 

1.アルミホイルの芯にトレーシングペーパーを貼り付けます。

 

2.余分を折り曲げて、テープで留めます。

 

3.同様に、逆側にアルミホイルを貼り付けテープで留めます。(破かないように注意)

 

4.アルミホイルの中心に針で穴を開けます。穴の大きさは針の先で開ける程度(約1mm)

 

5.トレーシングペーパー側の上から黒い紙を巻きつけます。

 

6.解けないようにテープで留めます。

 

完成

 

使い方

2.黒い紙をずらしてトレーシングペーパーが暗くなるように影を作ります。

 

2.アルミホイル側を太陽に向けます。

 

3.黒い紙を覗き込んでトレーシングペーパーに映る太陽を観察します。

 

注意:直接太陽を見ないで下さい。

    アルミホイル、トレーシングペーパーが破け無いように取り扱って下さい。