天文FAQ

今月の天文ニュース

 

        • ●201812月の主な天文現象

         

         2日 金星が最大光度

         

         7日 水星が留/大雪(たいせつ)(太陽黄経255度)/新月

             留(りゅう):惑星の公転に伴って見かけの動きの方向が入れ替わるとき

         

        14日 21時頃、ふたご座流星群が極大(見頃はこの夜の夜半過ぎ頃。1時間に40個程度。

             夜半前に月が沈んだ後は条件がたいへんよい)

         

        15日 水星が西方最大離角/上弦

             最大離角(さいだいりかく):地球から見たときに、内惑星が太陽からもっとも離れるとき

         

        22日 冬至(太陽黄経270度)

         

        23日 満月

         

        29日 下弦

 

 

参考 ほしぞら情報 国立天文台(NAOJ)

 

科学館発行「今月の星空」はこちら

他ホームページへのリンク

 国際宇宙ステーション・きぼうを見よう(JAXA目視予想情報ページ)