天文FAQ

よくある質問

 

 ●よくある質問ベスト3

 Q 宇宙はいつどのようにできたのか?

 A 宇宙は今から138億年前に空間や時間もない、全くの無の状態から生まれたと考えられています。
    (*アレクサンダー・ビレンキン 無からの宇宙創成)
  生まれたばかりの宇宙は目にも見えないサイズで、原子そして素粒子よりはるかに小さなものでしたが、
  誕生した瞬間から急速膨張、何百桁も大きさを増し、超高温超高密度の火の玉のようなかたまりとなりました。
    (*ジョージ・ガモフ ビッグバン宇宙論 *アラン・グース、佐藤勝彦 インフレーション宇宙論)
  膨張とともに温度が下がり、誕生から1秒ほど後には、陽子や中性子などのモノを構成する粒子が作られ
  さらに温度が下がると、水素やヘリウムといった原子が合成され、星を作る材料がそろうようになりました。
  そして宇宙誕生から数億年ごろには最初の星が生まれ、その後我々が知る宇宙へと進化したのです。

 

 Q ブラックホールって何?どこにあるのか?

 A 強大な重力のため、光さえ外へ逃げられなくなってしまった天体です。
  太陽程度の質量のもの、太陽の数百倍の質量のもの、数百万倍から数億倍もの超巨大ブラックホールなど
  様々なものがあります。光を出さないので直接見ることはできませんが、他の天体との相互作用によって
  その存在を知ることができ、また最近は重力波の観測でもそれがわかるようになってきました。
  ブラックホール候補として古くから知られ有名なのは、はくちょう座にあるCygnusX1という連星系で、
  対となった恒星からガスを吸い込み強いX線源となっている天体がブラックホールと考えられています。
  このような恒星質量のブラックホールは太陽より重い星の残骸で、超新星爆発を起こした星の中心核が
  重力でつぶれできたものです。最近の重力波の観測で、連星を作るブラックホールはいつか合体し、
  徐々に大きく成長していくということも確かめられました。また超巨大ブラックホールはわたしたちの
  銀河系を始めとする銀河の中心核にあるということもわかっています。

 

 Q 宇宙人はいるのか?

 A 微生物を含め、地球外の天体で生命体が発見されたということはまだありません。
  しかし、小惑星や彗星の探査から、これらの天体には生命の材料となる物質が豊富に発見されています。
  また地球上では、海底や地中など酸素もない厳しい環境下でも生きられる好熱性古細菌や
  強い放射線に晒された宇宙空間でも死なずにいる生き物(クマムシ・粘菌など)の存在も知られています。
  このような生命の多様性を考えれば、単純な生命体なら火星や太陽系の衛星など少々厳しい環境下でも
  生育している、または、いたという可能性は否定できません。
  この地球には、水や大気があり、また比較的温暖で安定した環境下にあったため、
  地球誕生数億年ほどして最初の生命が生まれ、複雑に進化してきました。
  だとすれば、これと同じような環境にある天体なら、同じような生命体が生まれる可能性は大です。
  ケプラー衛星など近年の探査により、生命存在の可能性がある領域に分布する地球型系外惑星の発見数は
  数十個にも及んでいます。
  宇宙の生命体はまだ発見されてはいないが、いないはずがないと考えることができるでしょう。

 

 I もっと調べる→お薦めサイト JAXA宇宙情報センター

  http:??spaceinfo.jaxa.jp/ja/content.html テーマを選ぶから ??を//に入れ替えてアクセス
   テーマ例 宇宙の仕組み
         星
         宇宙生命

 

 系外惑星探査は時代のトレンドで

   スバル望遠鏡を使った(スターコロナグラフ)直接観測なども研究されています。

   国立天文台すばる望遠鏡HPにもアクセスしてみるといいでしょう。

 

 I もっと調べる→お薦めの本
   宇宙創生はじめの3分間 スティーブン・ワインバーグ
   ガモフ全集 ジョージ・ガモフ
         〜ともにずいぶんと古い本ですが一度は読んでおきたい読み物
   サイエンス別冊 宇宙の暗黒時代を探る、素粒子宇宙論の誕生
   現代の天文学シリーズ 宇宙論 日本天文学会100周年記念I
   図解雑学ブラックホール〜簡潔にまとめられた気軽に読める本です。
    現代の天文学シリーズ ブラックホールと高エネルギー現象 日本天文学会100周年記念