科学展示室

特別展 

「ロボット〜人に、生物に、近づいていく〜」

特別展ポスター

 

人間社会のさまざまな場面で活躍するロボット。そして今…ロボットは人や生物に

近づいている!?そんなロボットに触れて動かしてみよう。

 

【開催期間】 12月10日(土)〜 2月12日(日)

【会場】 科学展示室
【料金】 科学展示入場料(一般200円、小中学生100円、未就学児無料)

 

◎特別イベント

 「大学生による 実演!ロボガイド」   

 〔講師〕 中央大学理工学部精密機械工学科

      中村研究室所属学生

 ロボットの開発・研究をしている大学生がロボットの解説や実演を行います。

 〔日時〕 12月24日(土)・25日(日) 11:00〜15:00

 ※詳細はお問い合わせください。

 

◎講演会

 1.「人にとても近いロボットたち」 

 〔講師〕 松下 光次郎 氏(岐阜大学工学部機械工学科 助教)

 展示中の「人の考えを読み取って動くロボット」や「人のように省エネで

 歩くロボット」から、ロボットと人間の関係について講演します。

 【日時】 1月9日(月・祝) 14:00〜 (約60分)

 

 2.「夢いっぱいロボットの世界」 

 〔講師〕 岡本 正行 氏(ロボットゆうえんち)

 テレビやイベントで活躍しているロボットの本物を見て体験もできる講演会!

 製作秘話も大公開!

 【日時】 2月12日(日) 14:00〜 (約60分)

 

ちらし(PDF)はこちら

 

 


 

〔これまでの特別展〕

平成28年度 「こちら いきもの探偵舎〜身近な自然を楽しもう〜」

平成27年度 「おもしろ虫むし探検」「もぐもぐ探検隊!〜“くち”から“おしり”まで〜」

平成26年度 「深海秘密基地」「ころころアドベンチャー」

平成25年度 「地球からのおくりもの」 「SATREPS写真展 『Wonderful World 〜地球のために、未来のために〜』」

         「パネル展『TOP OF THE TOP! −世界の頂点をめざす30名−』」 「空と宇宙ののりもの展」

平成24年度 「のぞいて 発見!小さな世界」「おもちゃDEサイエンス」「電気でエコ未来」

平成23年度 「光の謎を解き明かせ!」「双眼実体顕微鏡でのぞく世界」「音戯の国の科学館」
平成22年度
 「世界の動くおもちゃ」「20倍の世界〜身近なものをのぞいてみよう〜」 「昆虫ワールド〜見てびっくり 知ってなるほど 虫たちの世界〜」
平成21年度
 「自動車〜スピードへの挑戦」「遊びの科学」「双眼実体顕微鏡の世界」
平成20年度 「からくり人形」「海のト
リビア」 「電気の道」
平成19年度
 「あそんでためそう!七つの体験・感覚ひろば」「昔あそびコーナー」「飛行」
平成18年度 「ニックネームのあるメシエ天体写真展」「世界の蝶展 自然の神秘・擬態の不思議」、

「鉄道と連絡船」「ノーベル賞を受賞した日本の科学者展」「ニュートリノに関する展示」
平成17年度 「サイエンスブック」「ナーノの冒険」「船と海洋の科学展」 「なんで?科学のクイズ展」 
平成16年度 「ちきゅう環境展」「自転車展」「磁石展」
平成15年度 「スポーツの科学」「宇宙へのアプローチ 続け未来へ2004」
フライヤー号 特別展 特別展  あそびの科学  特別展「昆虫ワールド」 特別展「昆虫ワールド」