科学展示室

特別展

「ミカタで変わる?! 錯視の世界」

【終了しました】

特別展ポスター

 

あなたの脳はだまされる?!長い?短い?大きさは?形や色など、比べてみてもやっぱり不思議な目の錯覚。そんな錯視の世界を体験できる展示物が大集合!

 

【開催期間】 2017年12月9日〜 2018年2月12日

【会場】 科学展示室

【料金】 科学展示入場料(一般200円、小中学生100円、未就学児無料)

 

◎展示・見どころ

鏡で見ると形が変わる「変身立体」や、からだの大きさが変わって見える「エイムズの部屋」など、写真にとったり、手で動かしたりして楽しめる錯視がいっぱい!

◆主な展示コーナー

「見て、謎解き!だまし絵・ふしぎ絵」
「さわって不思議 錯視体験コーナー」
「写してびっくり巨大・錯視アート」

◆写真を撮って錯視カードをゲット!

エイムズの部屋や変身立体など、ふしぎな写真を撮れる展示がたくさん。特別展コーナーで撮影した写真を係に見せてくれたかたには、ふしぎがいっぱいの錯視カードをプレゼントします。

 

◎特別講演会

 錯覚から学ぶ「見る」ことのふしぎ
事実とは違うものを見てしまう私たちの目と脳のはたらきを観察し、「見る」とはどういうことなのかをいっしょに考えてみたいと思います。
【講師】 杉原 厚吉 氏 (明治大学先端数理科学インスティテュート・特任教授)
【日時】 1月21日(日)… 13:00〜14:00

 

◎ワークショップ

錯視おもちゃをつくろう♪
ベンハムのコマ、フェナキストスコープやゾートロープ等がつくれるよ♪
【日時】

12月23日〜2月12日の日曜・祝日(12月31日、1月1日・21日除く)

… 10:00、11:00、13:00
1月21日(日) … 10:00、11:00、15:10

12月26日(火)〜28日(木)、1月4日(木)・5日(金)、1月6日〜2月10日の土曜日

… 10:00、13:30、15:30

【つくるもの】

「フェナキストスコープ」…12月23日・26日・28日、1月4日・6日・8日・14日・21日・28日、2月4日・10日・12日

「ベンハムのコマ」…12月24日・27日、1月5日・7日・13日・20日・27日、2月3日・11日

※1月27日(土)には、SKIPシティ映像ミュージアムで「錯視おもちゃをつくろう♪」を開催します。つくるものは「ゾートロープ」です。詳しくは映像ミュージアム(TEL 048-265-2500)にお問い合わせください。

 

【所要時間】 約30分

【定員】 各回20人(先着順)

【参加費】 無料(ただし、科学展示入場料が必要です)

【参加方法】 当日9:30〜科学展示室で整理券配布

※小学2年生以下は保護者同伴

 

◆SKIPシティ映像ミュージアム企画展「マジカリアル」関連ワークショップ 【終了しました】

 VR作品「CHILDHOOD」体験会
大人が子どもに変身!背が低い目線から見上げる世界の大きさや、小さな手でつかむ感覚を体験しよう!
【日時】 1月27日(土) 11:00〜13:00
【対象】 13歳以上
【定員】 20組(先着順)
【参加費】 無料(ただし、科学展示入場料が必要です)
【参加方法】 当日9:30〜科学展示室で整理券配布

 

◎特別イベント

 東京大学CASTによる特別サイエンスショー!
不思議な感覚を体験しよう。錯視・錯覚をテーマに、さまざまな錯視図形だけでなく、身近に起こる錯覚も!
【講師】 東京大学サイエンスコミュニケーションサークル CAST
【日時】 2月12日(月・振) 13:40、15:10
【所要時間】 約30分

 

※各イベントは都合により変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。

 

ポスター(PDF)はこちら



特別展

「地面の下からこんにちは」 【終了しました】

(共催 埼玉県立自然の博物館)

特別展ポスター特別展ちらし

 

地面の下には、大昔からのメッセージを伝えてくれるものがいろいろとあるよ。そんな地面の下からやってきたものに触れて、見て、驚いて、考えてみよう!

 

【開催期間】 2017年6月10日(土)〜 7月9日(日)

【会場】 科学展示室
【料金】 科学展示入場料(一般200円、小中学生100円、未就学児無料)

 

◎見どころ

@「埼玉の奇獣パレオパラドキシア」… 昨年、国の天然記念物に指定された奇獣パレオパラドキシアの化石(複製)がやってくる!

A「太古の石たち」… 世界で最も古い石たちにさわって直接メッセージを受け取ろう。

B「荒川の川原の石たち」… 荒川上流の川原で集めた小石にさわってみよう。場所によって表情を変える石の秘密を見つけよう!

 

◎ワークショップ

「変身!石磨き 〜隠された石の素顔を見つけよう〜」

石灰岩やコーパルを磨いてきれいに変身させよう。

【日時】 6月18日(日)・24日(土)、7月9日(日)… 13:00〜13:30

【定員】 各回10人(先着順)

【材料費】 なし

【参加方法】 当日9:30から科学展示室で整理券配布

※小学2年生以下1人につき保護者1人同伴

 

<追加開催>

「変身!石磨き(プチ) 〜ちょこっと石を磨いてみよう〜」

石灰岩の簡単な石磨き体験ができます。

【日時】

7月1日(土)、8日(土)  受付  13:00〜14:00
7月2日(日) 受付  12:30〜13:30
受付  15:00〜15:30
7月9日(日) 受付  14:20〜14:50

【参加方法】 受付時間内に先着順で受け付け

※道具に限りがあるので、受付時間内でも終了する場合があります。

※小学2年生以下1人につき保護者1人同伴

 

◎特別講演会

「小石が語る埼玉3億年のおいたち」

【講師】 本間 岳史 氏(元埼玉県立自然の博物館館長)
【日時】 7月2日(日) 14:00〜15:00
【参加費】 無料(ただし、科学展示入場料が必要です)
【概要】 なにげなく荒川の川原にころがっているたったひとつの小石にも、 埼玉の大地や日本列島のおいたちを語る壮大なドラマが隠されている。 そのドラマを知りたい君たち、この講演で伝授されるノウハウと地 図を持って、小石の秘密を探りに出かけよう!

 

イベントについて詳しくはこちら(ちらし(PDF))

ポスター(PDF)はこちら



 

〔これまでの特別展〕

平成28年度 「こちら いきもの探偵舎〜身近な自然を楽しもう〜」 「ロボット〜人に、生物に、近づいていく〜」

平成27年度 「おもしろ虫むし探検」「もぐもぐ探検隊!〜“くち”から“おしり”まで〜

平成26年度 「深海秘密基地」「ころころアドベンチャー

平成25年度 「地球からのおくりもの」 「SATREPS写真展 『Wonderful World 〜地球のために、未来のために〜』」

         「パネル展『TOP OF THE TOP! −世界の頂点をめざす30名−』」 「空と宇宙ののりもの展」

平成24年度 「のぞいて 発見!小さな世界」「おもちゃDEサイエンス」「電気でエコ未来」

平成23年度 「光の謎を解き明かせ!」「双眼実体顕微鏡でのぞく世界」「音戯の国の科学館」
平成22年度
 「世界の動くおもちゃ」「20倍の世界〜身近なものをのぞいてみよう〜」 「昆虫ワールド〜見てびっくり 知ってなるほど 虫たちの世界〜」
平成21年度
 「自動車〜スピードへの挑戦」「遊びの科学」「双眼実体顕微鏡の世界」
平成20年度 「からくり人形」「海のト
リビア」 「電気の道」
平成19年度
 「あそんでためそう!七つの体験・感覚ひろば」「昔あそびコーナー」「飛行」
平成18年度 「ニックネームのあるメシエ天体写真展」「世界の蝶展 自然の神秘・擬態の不思議」、

「鉄道と連絡船」「ノーベル賞を受賞した日本の科学者展」「ニュートリノに関する展示」
平成17年度 「サイエンスブック」「ナーノの冒険」「船と海洋の科学展」 「なんで?科学のクイズ展」 
平成16年度 「ちきゅう環境展」「自転車展」「磁石展」
平成15年度 「スポーツの科学」「宇宙へのアプローチ 続け未来へ2004」
フライヤー号 特別展 特別展  あそびの科学  特別展「昆虫ワールド」 特別展「昆虫ワールド」