特別展

特別展「たまご展~命をつつむカプセル~」

いのちをつつんで、まもってる。ひみつがいっぱい、つまってる。
まいにち食べてる、大好きたまご。たまごのひみつ、見てみよう。
いのちのふしぎ、感じてみよう。

【主催】
川口市立科学館
【展示協力】

国立科学博物館
足立区生物園
東京都葛西臨海水族園
広島市安佐動物公園
ふなばし三番瀬環境学習館
熱川バナナワニ園
むさしの自然史研究会
独立行政法人水資源機構 利根導水総合事業所
【開催期間】
2022年6月11日(土)~7月10日(日)
【会場】
科学展示室
【料金】
科学展示入場料
(一般210円、小中学生100円、未就学児無料)

ひみつとふしぎがいっぱい!

ひみつとふしぎがいっぱい!①

いろいろな形、色、模様の卵が大集合!それぞれを比べてみよう!

ひみつとふしぎがいっぱい!②

科学館で卵をあたため育てているよ!ひよこの誕生が見られるかも?!

ひみつとふしぎがいっぱい!③

殻のない卵はどうやって守るの?様々な生き物の卵について知ろう!


特別イベント

♦特別講演会「生物園からみた命の誕生」

【講師】関根 雅史 氏(足立区生物園 園長)
学生時代は野山をめぐりニホンカモシカの研究に没頭、その後青年海外協力隊としてケニア共和国で自然保護教育に従事。帰国後は足立区内の複数の施設で環境教育を実践し、平成15年から足立区生物園に勤務。平成26年から園長を務めている。
「生き物たちの魅力」や「生命の尊さ」について園長さんから貴重なお話を聞いてみませんか?


【開催日時】6月12日(日)14:00
【所要時間】約60分


♦研究発表「発見!!命がかえる自然の力」

【発表】埼玉県立川口高校 サイエンス部
川口高校サイエンス部では、多くの生き物を飼育しています。飼育経験や調査を通して、発見したことを発表します!

【開催日時】6月19日(日)①14:00 ②15:00
【所要時間】各回約30分

 
♦特別サイエンスショー「飼育係がこっそり教える ウミガラスのひみつ」

【講師】野島 大貴 氏(東京都葛西臨海水族園 飼育展示係 鳥担当)
ウミガラスやペンギンなど、鳥類の飼育繁殖や、教育普及活動に取り組む傍ら(公社)日本動物園水族館協会が行う、種保存事業にも取り組まれています。
飼育係だけが知っている「ウミガラスのひみつ」を水族園のお兄さんから学ぶ特別なサイエンスショーをお楽しみください。


【開催日時】6月26日(日)①14:00 ②15:00
【所要時間】各回約30分


♦特別ワークショップ「エッグソープ」
【開催日時】7月3日(日)①9:50 ②11:30 ③12:30 ④14:30
【所要時間】各回約30分
【定員】各6組(付き添いは1人まで)※当日9:30より受付にて、先着順で整理券配布
【材料費】無料
※小学2年生以下は保護者同伴


♦特別ワークショップ「ウミガラスのたまご」
【開催日時】7月9日(土)①9:50 ②11:30 ③12:30 ④14:30
【所要時間】各回約30分
【定員】各6組(付き添いは1人まで)※当日9:30より受付にて、先着順で整理券配布
【材料費】無料
※小学2年生以下は保護者同伴

※各イベントは都合により変更または中止になる場合があります。 特別展

特別展ポスター

ポスター

特別展ちらし

特別展ちらし

  

ちらし